モノ

<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< あまーいあまーい | main | 本まとめ >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
ちょーーーーーーーーーーーーー久々のムックワンマン。
サイケデリックアナライシス以来なので、約3年ぶりやぁ。

彼らは本当に愛しやすい。
ムック自体の魅力もそうなんだけど、ファンがムックすきすぎるでしょ?って雰囲気がたまらん。

行ってよかったって思います。
だって、ダンスフロアなムックも、折りたたみなムックも大好きだもん!
ムックはほんとうに、何でもありなところがおいしい。
ビジュアル系が苦手な人は初期の曲は苦手かもしれないし、
初期が好きな人は今の曲が苦手かもしれないけど、
どっちも好きになったら、倍楽しいのにって思います。

真っ白な舞台にドラムセットのみ。
何もなくて、アンプすらありません。
スクリーンだけはある。
出てきた!演奏が始まった!舞台から飛び降りた!と思ったら、
さとち以外はダミーだったというサプライズで始まったライブ。
衣装は、舞台の白にあわせて灰色・銀・黒・白という色。
でも、ゆっけが銀色でキラキラしてて、おかしかった。
帽子をかぶっていました。
ミヤは白基調で、髪の毛に編みこみ。
たつろーは、ドレッドにターバン黒基調。出てきたときは白いマント?上着?を着ていました。
さとちは見えず。

普通の激しさ→ダンス→暴れる→しっとり→大嫌い
という流れ。

娼婦はかなりテンション上がった。
極色とかやったんで、前の曲もやるのかなぁと思ったら、
まさかそんな前の曲まで!
全体的に見ると、鵬翼が結構多目にやったのね。

リブラが私の知らないアレンジになっていて、原曲崩壊だと思って憤慨した。
リブラ普通に好きだったのに。
演出は楽しかったです。
イントロで、機械リズムの音にあわせてたつろーが腕を振りかざすと、
モニターに写っているたつろーの影が、忍者みたいに倍々で増えていくという演出。

名も無き夢・謡声・蘭鋳の流れは、さすがとしか言いようのない一体感。
そして、なぜホールなのにモッシュが起きるのか…?
上から見ていて壮観でした。
蘭鋳はだいすき!
なんて楽しいんだろう。
謡声があるし、前へはやらなくなっちゃったのかなぁ…

雨のオーケストラなんて、意外な選曲。
好きだからいいけど、ミヤギター若干うるさい。
音のバランス?が全体的におかしかった。
ベース強めなのは私の趣味にあっているからいいとして、
ギターが消えてるように聞こえるの。
でも、いざ聞こえるとうるさかったりする。
というベースよりの意見なんですが。

で、まさかこれで終わらないよね?ということで、アンコール。
大嫌いが大好き!
大嫌いは、なくてはならないと思うのです。

*MCで、たつろうが「さとち喋ってがいいと思ったら、盛り上げて曲を始めてね」ってむちゃぶり。
 「できないよー」と言いながら、グダグダの曲入り。
*舞台の斜面で滑り台をするゆっけ。
*ヨーグルト食べるとお腹壊すけど、お肌がプルプルになるゆっけ。
 お腹痛いのより、お肌がきれいなのを選んだので、今日一日お腹いたいゆっけ。
*緊張しすぎて、ずっと歩いていたさとち。
*曲の途中で、さとちの後ろに並んだ三人組。

最後のお知らせは、楽屋からの中継だったんですけど、
面白かった。
さとちのバスローブ真っ赤でムックみたいだった。
「だいいちだん」ってさとちに書かせてたんだけど、
迷いながらも「第一段」って書いていて、別になんとも思わなかったんだけど、
「第一弾」が正解だったので私もさとちも残念でした。

秋のライブハウスツアーが発表されたので、参加したいと思います!
東京は日比谷なんで、野外なんて楽しみすぐる。
咆哮
極彩
サル
アゲハ
1R
娼婦

梟の揺篭
オズ
ファズ
楽園
リブラ

ジオラマ
空忘れ
名も無き夢
謡声
蘭鋳
フリージア

EN1
追憶のマーメイド
雨のオーケストラ

EN2
大嫌い
| 21:30 | ライブ | comments(0) | trackbacks(0) |
| 21:30 | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。