モノ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 魔術はささやく | main | ほほ〜そうきたか! >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
うーん、やりきった!

おつぎは「火車」です。なんか火がついちゃったみたいで、
「理由」「レベル7」に引き続き、宮部みゆきを。

読んでる間は楽しいし、感心する文言もあるはずなんだけど、
読み終わると「やりきったー!」みたいな感じしかのこらないのはなぜなんだ?
今思えば全部同じ話だったような気がしてくるんだよな。
毒にも薬にもならないような。

「理由」が1番面白く思うのは、
1番最初に読んだから、衝撃が強かったからなのか、
上手になったからの判断は新しい作品を読んでから。
古い「魔術は〜」より「火車」がおもしろかったもので。
いや、私がひねくれているので、いくら面白く感じても、
そもそもミステリーに根本的に向いてないのかもしれないわ。
最後のどんでん返しを読みながら「都合よすぎ」と思うから。
どんでん返しがいつも雑な気がするこの人。
| 22:42 | ほん | comments(2) | trackbacks(1) |
| 22:42 | - | - | - |
藍色 (2009/03/27 4:14 AM)
こんばんは。
トラックバックさせていただきました。

トラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
佐久 (2009/04/13 10:42 PM)
こんばんは。
トラックバックありがとうございます!

こちらからのトラクッバクは、
次回の機会にしたいと思います。

ありがとうございました!









url: トラックバック機能は終了しました。
火車 宮部みゆき
休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。 いったい彼女は何者なのか?謎を解く鍵は、自己破産者の...
| 粋な提案 | 2009/03/27 4:06 AM |