モノ

<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 怪人二十面奏etc・「妖艶デカダンス」(16.6.12)@神戸マージービート | main | THE VELVET etc・「ザザザ七夕座」(16.7.7)@池袋手刀 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |

 

公式ツイッターよりセトリ

NUMBER TWENTY

愛憎悪

-MC-

アヴストラクトシニシズム

デカダンスゴーゴー

ドヲル

13月のマリー

嘘憑きと盲目と

エフ

深海

-MC-

透明。

逆罪行進曲

想望カルト

其の証

夢幻洋灯

ザ・ファウスト

-MC-

ナミダ雲

悲しみ哀ろにい

哀傷交叉点

喪失と慟哭のストレイン

愛憎悪

 

怪人二十面奏1周年記念のワンマンでした。

事前にドラマーは2名ですよ〜20曲ですよ〜というアナウンスがあったので、

10曲づつかな?と思って行きました。

実際は、怪人の曲14曲+ドレミ團の曲6曲という2部制で、

ドレミ團の方をラミさんが演奏しました。

10曲以上演奏しても変わる気配がなかったので、

どういうこと??とはてなを飛ばしながらライブを見ていたので落ち着かなかった。

もしや2、3曲しか演奏しないんじゃ…?と思ったので、

ドレミ團の曲とはいえ、6曲演奏してよかった〜っていうか、

怪人の曲は今後演奏しているところを見る機会はあるけど、

ドレミ團はないんじゃない?って思いなおして、

それはそれでよかったのかも〜と思いつつ、やっぱり腑に落ちなかったり。

7月があればよかったんだけど、ないから8月に淡く期待しておこう。

 

怪人さん本編はぶったぎってアンコールからいきます。

流れとしては…

怪人さんのライブが終わって、アンコールがありました。

マコトさんが出てきて、ちょっと説明。

「怪人二十面奏だから20曲やりたいよねって話になったけど、曲数が少ない」

「ドレミ團をやりたいけど、1回ばらばらになってしまったからスケジュールを合わせるのが難しい」

「なので、ドレミ團の曲をやります」

「怪人でも20曲できるようにたくさん曲を作ります」

「怪人のライバルはドレミ團」

あと、「怪人は趣味が悪い方」って言ってた。

 

マコトさんが話しているとき、ラミさんが出てきてドラムのセッティングをスタッフさんと一緒に。

興味がある人は見ていて面白いものだったのかな?

私はわからないので、みーてるだーけー。

でも、なかなか見られないので興味深く見ておりました。

ペダルの交換の時に、ペダルが2個ついてるやつを

けんさんのところでダンベルみたいに持ち上げていたのはなんだったんだ。

 

アンコールでの登場ということで、衣装はくまめの黒T。

髪の毛の色が落ち着いていて、やっほう!

Tシャツ新鮮!二の腕やっほう!

 

ドレミの曲は1曲もわかんなかったので、適度に楽しみつつ見ていたけど、

曲がわからないと記憶も残らないという残念な結果に。

無駄にダンベルの記憶はあるけど、演奏中の記憶がないのね。

 

ふわっとした感想を言うと、

ドレミ團のイメージよりちょっとくらい曲が多いなぁって思った。

なので、演奏中の表情も悪い感じが多かった気がする。

緑とか赤とかの色が多かったり、そもそも照明がドラムを照らさないとかの関係もありつつ。

悲しみ哀ろにいは好きだったと思う。

あと、ハート飛ばす曲は知らないくせに軽率に楽しむ姿勢で。

歌ってる曲も何曲かあったなぁ〜。

楽しそうな曲だと口が開けっ放しになって、前歯が光ってるのがかわいいと思うようになった。

 

最初の方でスティック折ってたのと、

シンバル叩こうとしてやめてたような気がしたのにヒヤッとした。

 

途中のMCでマコトさんが、

「ナイフ形のペンライトは最少ロットで頼んでも多かったので、いっぱい買ってください」(要約)と言っていた時に、

指の間にスティックいっぱいはさんで、マコトさんが気づくまでドヤッってしてたのがかわいかった。

 

他の5人は本編で一言話していたんだけど、ラミさんは途中で来たので、最後に一言。

でもしょっぱなに「かいじんにじゅうめんしょう」って噛んでてちょう笑った。

舌ピしゃべりにくいん?

「怪人二十面奏1周年おめでとうございます。

前のバンドが終わってから最初にサポートさせていただいて」

「怪人が1周年ということはサポートも1周年。

怪人が5周年のときはサポートも5周年。

怪人が10周年のときはサポートも10周年…?もやってるかわからないけど」

サポートの10周年にはてなを付けてくれてよかったよ!!

 

もう1度アンコールがあって、ラミさん演奏の愛憎悪を。

1回本編で聞いていて、その時もちゃんとこの曲好きだなって思ったはずなのに、

この時の方がさらに好き!!!!ってなったのは仕方のないことだと思う。

キメの部分がゆるっとしていたのはアンコールだし、メンバーの心意気も違うものね…

「あなたを殺したい」ってところで、右手の中指を立てていたような気がしたのは気のせいか幻か?

でも、すっごいテンションあがった。

あんたなんてことしてくれたの!こんなことをするとは、1年前には予想していなかったよ…

 

ラミさんは頻繁にメンバーさん、特にベースのいおりさんを見ながら演奏をするので、

殊さんのことそんなに見てたかしら?と疑問に思いつつ、それも特徴かな〜と思いました。

 

最後は記念撮影をして終了!

ワンマンなどたくさんの予定も発表されました。

カルト(仮)としてどこまで参加できるかわからないけど、

まだまだ怪人さんをいっぱいみたいな〜と思いました。

| 15:24 | ラミさん | comments(0) | trackbacks(0) |
| 15:24 | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。