モノ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< NESS・「Joy Ride vol.104 “Live NESS”」(11.11.27)@高円寺HIGH | main | 真綿荘の住人 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |


クラッシュおつおつ。
1バント30分と結構ボリュームがあって、ぞれぞれのバンドが堪能できるイベントでした。
楽しかった!

終了直後、ついったが通じなくて、たぎってうっとおしい文章が残せなかったのがさみしい。
最後がADAPTER。で、全力で楽しみましたので、
記憶は全部ふっとびました。
福助の新髪型が、美人度は低いけどかっこよかったー。
衣装がもっとすごいことになっていた。
でも、着物っぽい衣装がすきだなぁ…

みくし。

CD発売イベント。
気になっているバンドがいっぱいでるので行ってきました。

<ナタリー>
V系カバーコンピレコ発ライブで若手が90年代にリスペクト
http://natalie.mu/music/news/60507


あーにーずぶらっく
SOPHIAのカバーでした。さわやかな若者でした。

ケミカルピクチャーズ
たぶん。ギルドが先だったかな…?イエモンのカバーでした。
慣れたら楽しそうだった!
上手ギターさんがビジュアル系らしからぬ感じのかっこよさ。

ギルド
振り付け講座があったり。ああー苦手な感じだーと思いつつ、ボーカルさんの笑顔が硬くて、振り付けしちゃった!やれば楽しい。

amber gris
好きな曲いっぱいやった!
今回は「お話がしたいの」で手をあげることができた。
この曲、明るいのになぜかきゅーとするの。
手鞠さんの手は今日は赤く塗られてなかった。
あと、ファラウェイ、ファラウェイとふぃーるみーと「サラウンドで」って歌詞があるやつ。
あとはLUNA SEAのシャイン。
LUNA SEAを通っていないからか、アンバーの曲に聞こえる。
穏やか〜で遥か〜な感じ。

アンバーを見るのは二回目なんだけど。
草原を駆け抜けてるのと、空をまったりした速度で飛んでるのと、洞窟の中を小さな灯りを持って歩いてるのが全部あって、ファンの方が手鞠さんを吟遊詩人って言ってたのがなるほど〜と思った。
次に見るのがまた楽しみ。

Moran
初めて!ずっと見たかったんだー。
アンバーと山羊とファン層が被ってるみたいだから、穏やかな雰囲気なのかと思ったら、激しい。
ビジュアル系の王道で、混じりたいけど、私は混ざれないわ…
ボーカルさんがマリスのローディーだった縁で、イルミナティを。
いや、たぎったたぎった。弦の音とギターのずんどこが楽しかった。
イルミナティはエロミナティだけど、エロくはなかったかな…
光る指輪をファンの方がつけてて、照明をまっくらにして「君たちが闇を汚している光景が大好きだ」って言ってるのが笑えた。

山羊さんと対バンがあるから、それがまた楽しみになった!「南へ」が聞けますように。

9GOATS BLACK OUT

甘美な死骸
バベル

インザレイン
ふろーと
ふーざまっど

スピード(BUCK-TICKカバー)

ステージが広いため、りょさんしか見れませんでした。残念な子。
りょさんの髪の毛はストレートで右目を隠して。
帽子は甘美な死骸で曲にあわせてとりました。
マイクはシールドなし。

板つきでスタート。
私は後ろの方で見ていたので、りょうさんは後から入場してくるのだと思ってたら、
座ってたらしくて、立ち上がったのが突然現れたみたいで笑ってしまった。

甘美な死骸で「花になれ」で手を差し出す仕草が素敵だったなぁ。

バベルで自分で自分の体さわりまくって腰回して、むっちゃいやらしかった。
なんかいつもよりすっげー勢いがあって、のまれた。
いつものまれるけど、今日は特に。
やったろかー!ってテンションあがるあがる。
高音がのびると余計にね。あそこの頭いかれる感覚が好き。
あ、でも歌の高音はいい感じにごまかしてた。

インザレイン前に休憩があったけど、やたら激しいインザレインな気がした。情熱的な。

合間合間で相変わらず名前を呼ばせる。
上手と下手でステージギリギリまで近寄って、こい!みたいな感じで煽ってた。

スピード前にMC。
「BUCK-TICKの、BUCK-TICKさんの。危ない危ない敬意を欠くとこでした。」
「バンド人生の中で大きな出来事で、精一杯カバーさせていただきました」
「最後にスピードあげていくぜ!」\わー!/

他にも…
「アンバーグリスさんとモランさんとツアーします。詳しいことはフライヤーをおりこんだので見てください」\わらわら/
「え、まちがってないでしょ?」で頭かきかき。
かんだとき、りょさんがはちに視線をよこして、はちがニコニコ笑ってたのにほっこり。
もっと面白いというか、笑わせようとするMCもあったけど忘れた。
とりあえず、MCも緩めで楽しかったなぁ。

スピードの吐息に合わせて様々なポーズをとっていました。
それまた悩ましげで。
りょさんの男を感じるとうほ!します。たまらんです。

この曲のはちベースが好きで!
はねるような音を出すから、馴染みのない曲なのに身体がはねる。
基本はちベース大好きだから、インザレインとか甘美な死骸とか歌ものはベース聞いてます。
だから、穏やかな曲でも身体がうごいちゃうのよね…
はちベース好きー!

最後、うたはちが真ん中によって仲良く弾いてた。


全体的にみてステージを緩急つけて動く様が私にとってはぎこちなくて不自然で。
あーはやく大きな会場でみたいなぁって思った。
もっと慣れたら、もっとかっこよくなるから!

終わった後、開場がため息をついたみたいになって、
それから「かっこよかったねー」ってざわざわして、華やかな雰囲気になった気がして、
その高揚感が気持ちよかった。


ADAPTER。
出てきてしょっぱな「トリなんていじめかと思った」っていうからほんとにね…って思った。
後半に同じようなバンドが固まっていたので、あださんまで人が残ってるかなぁって心配だったんだ。
そして、本日あだ動員なわたくし。

がらあきなのが楽しくて、スペース使いまくって動きまくった。
迷惑だったかしら?
でも、すげー楽しかった。

新曲は、三味線を使ったイントロ。
で、ピコピコは薄くてガンガンしてた。
でも、メロの構成が福助でしかなかった。
あれ以外の構成にすればいいのに、なぜいつも同じ…

カスケカバーの前にMC。
誕生日ライブがブレイズであるからぜひ来てくださいって。
多分、あんまりチケットはけてないんだろうね…
何度も言っていたもん。
私は行くよー。

ちょろっとサビを歌って「一番心配な曲」「心配している君たちが正しい」
「いってもいいかな?」ってスイッチを押すのを迷いながらリウさんとかチラチラ見てたけど、
リウさんのスルーが冷たくて笑える。

顔文字が「向日葵」なのを見て、
この曲の花が向日葵だからだって初めて知った。

全体的にノリが変わっていて、驚いた。
半年くらい行かないうちに何があったのだ…?

新曲
トライアゲイン

ふらわーおぶらいふ(カスケードカバー)
祭り

ふぁいなるあんさー
はじめの一歩

| 20:32 | 9GOATS | comments(0) | trackbacks(0) |
| 20:32 | - | - | - |









url: トラックバック機能は終了しました。