モノ

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
お題配布:たわごとたわごと
(現在は閉鎖と言う形みたいです)

1.出会い
2.hydeくん
3.kenちゃん
4.tetsuくん
5.yukihiroさん
6.思い出の曲
7.最も愛するメンバー
8.待ち受け画面
9.着信メロディ
10.ライブ
11.ソロ
12.代々木
13.コスプレ
14.S.O.A.P.
15.acid android
16.TETSU69
17.HYDE
18.曲
19.詞
20.声
21.下ネタ
22.カップリング
23.恋
24.ラジオ
25.テレビ
26.テキスト
27.ブログ(または日記)
28.ラルク好きな自分
29.虹
30.自由にどうぞ

昔(といっても一年前!驚いた…)に書いたものですが、
前のブログを消そうと思いこちらに移動してきました。
でも、多分今と同じことを思っています。
8や9も今とおんなじなことにへこみつつ。
続きを読む >>
| 20:51 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
出会いは、1997年の「虹」です。

当時小学五年生だった私は毎週熱心に「るろうに剣心」を見ていたので、
「the Fourth Avenue Cafe」も聞いたことがあったのですが、
そっちより、ジュディマリの「そばかす」や川本真琴の「1/2」のほうが気に入ってました。
それに、誰が歌ってるか知る前に放送が終わってしまったので。

初聞きは、その頃から見始めた「CDTV(王様のブランチVer)」でした。
プロモのきもさが印象的で、ハイドさんのものまねがはやった。
マイクスタンドをもったふりをしながら、いかにきもく上を見るかがポイントでした。
よくハイドさんがやる、マイクスタンドに持ちながらよりかかるやつです。
白目剥いちゃったり。
ですが、衝撃は一瞬で次の「winter fall」はふつうに流行ってる曲として聞いていました。
「虹」のイメージや、クスリのことで好きではありませんでしたけど。

でも本能では「虹」が好きだったみたいで、次に出た「DIVE TO BULE」を聞いたときに、
「うわっ、路線変更かよ!ビジュアル系って売れないって気付いたのね。」ってがっかりしたんです。
でも、後になって考えてみるとこっちの方が従来の路線ですね。
だから、「花葬」が出たときかなり好きになりました。
しかし、周りにはグレイファンが多いし、いまだに「虹」のイメージを持ってる人もいるし、
「花葬」の雰囲気も相まって、今度は替え歌にされて流行りました。
「HONEY」は人気あったんですけどね。
「花葬」を最後にいったんラルクに関する記憶は終わります。

中学の時、友達の影響でビジュアル系(マリス・ラファエル・ディル・ガクトとか)に走り、
個人的には、椎名林檎とポルノにはまっていたので、
ラルクはただの人っていうか流れの中の一つみたいな感じに。
一番ラルクが盛り上がっていた時なのにね。
でも、「花葬」が好きな私から見ればしかたがない。
この時期シングルでは「花葬」系出てませんから。
グランドクロスよりグレイ十万人の方が印象にあります。
休止も全然気付かなくて。
復活って騒がれ始めて「そういや、ラルクって解散してなかったんだ」みたいな。
この時期は様々なバンドが解散していたので
てっきり自分が気付かないうちに解散してたのかと思ってました。

そんなこんなで好きになったのは、高校一年のときです。
それはまだ、ぼんやりでしたが。
ガクト・エゴラッピン・ポルノ・林檎・こっこが好きでした。
「MOON CHILD」はガクト目当てで見に行きました。
図書館で「ray」を聞いたのに始まり「ark」「HEART」「REAL」と聞いていきました。
でも「REAL」はあまり好きになれなかった。
ビジュアル系は大好きではなかったけれど、推奨派だったので、
完全にかっこ良くなってしまった「REAL」には興味がもてませんでした。

そして、復活の時期です。
「RADY STEADY GO」「瞳の住人」とでて、普通に好きでした。
「SMILE」が出たとき貧乏だったので、とりあえず視聴しにいきました。
雰囲気は「REAL」でもないし「HEART」でもない。
「もうビジュアル系っぽいのは作ってくんないのかな」とかなりがっかりしました。
だから買わずに帰りました。
この頃の私にあったら、ぶっ飛ばしたい。何でこのとき買わなかったのさ!

季節は飛びまして、夏。
六月中旬くらいに、「SMILE」を「666」とともにレンタルしました。
したら、なんかはまっちゃって!
なんかしらないけど、すごい勢いですよ!
八月までにはSOAP関連はほとんど集めました。
そして、三十一日にはバブフェスへ。

なにがあったんだろう?この三ヶ月。
夏の暑さが私をこうさせたのか?
だって、ケン好きになって三ヵ月後にはSOAP嬢としてデビューして、「けんちゃーん!」とか叫んでたんです。
しかも、一人で。
バブフェスは一人でいきました。なぜってみんな受験中だったから。私もですけど
気付いたらこんな所へみたいな。
たぶん、今まで貯めてきたラルク好きって気持ちが一気に爆発した時だったのでしょう。

これで、終わります。
お読みいただきありがとうございました。

05.04.13
| 20:46 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
私は一度もhyde君とは読んだことはないんですけど。
マシューとかみて、可愛いと思ったことは一杯あるけど、
同時に美しいなとROENTGENで感じているので、さんが似合うかなと。
でも、外では呼び捨てです。
なんか、さんづけしてるのが恥ずかしくて。

第一印象は出会い に書いたように「キモい」の一言に尽きるのです。
その次にhydeという人を意識してみたのは、「MOONCHILD」のときですかね。
そのころは、俄かガクトファンだったので、真のガクトファンと一緒に見に行きました。
したら、あまりに大根だったので、逆にhydeさんに好意を持ったわけです。
あ、あとペットにこうろぎを飼っているって言ったMステ。

ラルクが好きになった今、私が思うことは、
hydeさんはとてもバランスの取れた人だなということと、
ラルクに対して真面目だなということでしょうか。

hydeさんの作った曲で一番好きなのは、一昔前は「ローレライ」だったのですが、
今は「HONEY」もいいなと思うようになりました。
どちらにしろ、力強い気がするんですけど。
hydeさんの曲は地に足がついてると思ってます。
詞もそうです。
これは、疑問に思う人もいるとは思うんですが…
acid androidの歌詞は全然解らないので比べられませんが、
他の二人より現実的だと思います。
説得力があるともいえるかな。
「花葬」もですよ。

んで、今思い付いたのですが、hyde作曲で力強い気がするのは、
歌いやすい音程で作ってるからかな。

容姿の話しになりますが、私の好みではないです。(すいません)
でも、いいかおですよね。
いい例えが浮かばないんで、上手く説明できるか謎なんですけど、
hydeさんはベイビーと同じかなって感じです。
どんな顔でもベイビーは可愛いじゃないですか。
hydeさんもそうですよ。
しかし、In・Outがあります。
今のウエーブ+ひげは圧倒的存在感で私を驚かせましたが、
ひげはひげでも、髪の毛が短い時のひげはちょっと…
ベストhydeはリンカネだと思います。
「snow drop」のPVもエクステもUSAもいいかも…
どちらかというと、化粧が濃くて、中性的な方が好きです。

05.04.24
| 20:46 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
けんちゃんは一番好きなメンバーである訳です。
だから、暑苦しく語るのは後にして、ここはあっさりハイドさんと同じように。

普段はけん呼ばわりです。
しかも、けんの「け」は「けっ」に限りなく近く。
うちにはラルク好き(自称)の妹が居るので、
けんちゃんが好きなのがばれたら色々気まずいかなぁ、
と思い必死で隠してますが、すでにバレバレです。
なんか、普通の人にラルク好きがばれるのが嫌なんですよね。
もはや、バレバレで無駄なことなのですが…

第一印象はそうですねぇ…
てか、第一がいつなのか分からん。
なので、好きになる前の印象としては、
DIVE TO BLUEがヤンキー風の衣装で痛々しいなってのと、
面白い人なのに、タバコ吸ってたりとか、態度がでかかったりして、
最悪だなってとこでしょうか。
好きになった今では、態度はともかく、タバコがないのは少し寂しいです。

次は、マシュー。
マシューの話ばっかしてる気がしますが、
これはけんちゃんを好きになった第二歩ですからはずせません。
第一歩は、好きな曲がken曲ばっかりだってことです。
あくまで、曲が第一です。
この時に態度が悪い人っていうイメージ以上に
可愛い人っていうイメージが出来上がって、好きになりました。
見てた友達はみんなハイドに目が行ったのに、がっかりしつつ。

好きな曲は一杯ありすぎて困る。
そういやhevenlyとTrueをあんまり聞かないな。
私は好きな物が少ないので、好きになったらどこが好きなのか考えて、
次に好きなのを増やそうとするのですが、
けんちゃんの曲の何処が好きなのか分からないから広げようがなくて困る。
歌謡曲っぽくて、美しいとこが好きって結論にいつも至ってしまいます。

容姿の話ですが。
気づいた時には髭は生えていたのでそこらへんはどちらでもいいのですが、
髪の毛がかなり重要で。
この間古本屋で見たリアライブ期の写真を見たのですが、
めっちゃかっこよかった…!
黒髪で、ストレートで、長さは肩!
生で見てみてー!と思ったら、もろにNew World期ってそのまんまだよ!
んー…あとはもう少し細く…ね。
耳が見えてるのも好きで。
アウトはParadiseのアー写。
色々見たけど、あれはずっとアウトのままだと思う。

こんな感じで。おわり。

05.05.23
| 20:45 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
てつはてつって呼んでいます。
文字にするときに、「てつ」と平仮名にするのは、無意味なこだわりです。
リーダーと呼んだことはないですねぇ。
一般的に通じないので。
その言葉を使う人が、限られた範囲の中の人しか居ない言葉を使うのは、
私には照れが伴うので…
やっぱりこれも、無意味なこだわりですね。

印象は、「妹に似てるな」。
くま加減と髪の毛の色長さ形。とても似ていますよ。
妹の友達(ラルク好き)にも言われたそうです。
靴底厚いなとも、口おっぴろげだなとも思ってたな。
ソロのときは、緊張しててかわいそうって思ってた。

曲はよくわからないです。
てつの曲は、普通にいい曲で、ラルクを好きになってる気分じゃないから、
ラルクが嫌いでも、好きになると思う。
ken曲が好きな私は、ken曲を聞いていると、
「あ〜ラルクだよ」とよくも悪くも実感できますが、
てつ曲は「あ〜いい曲」って感じです。
それってすごいことだと思う。
これがポピュラリティーってことかしら?

好きな曲はPiecesとsnow drop。
PiecesはアメリカDVDで初めてよさに気付いた曲。
CD版とは違う締め方でこっちの方がいい。
(話は飛びますが、ラルクの曲の締め方って手抜きに聞こえます。)
snow dropの、「パンッ!」てはじける所とか、幸福感が大好き。
あと、てつ曲を歌ってるときのハイドがすき。
ken曲を歌ってるときは、人間味が欠けるときがままありますけど、
てつ曲ではかっこいいものはかっこいい、
かわいいものはかわいいなどダイレクトにわかりやすくて、
だから、ハイドの表情も直接的でそれを見てるのも楽しい。
だから、snow dropが好きなのです。

てつもかわいいと思いますけど、実はかっこいいのを隠してるよね。
てか、てつを可愛いって言ってる人あまりいない…?
アイドルと言ってる人はみかけますし、私も思いますが、
私の中ではアイドル=かわいいという図式は、
てつにはあてはまりません。
てつはスーツが似合う大人の男です。
アウトは、グランドクロスの時のような格好はうけつけません。
それだったら、DUNEの時のほうが好きです。

こんな感じ。
てつ曲に関する私の感じ方がうまく伝わってるか不安なのですが…
また機会があったら、書いてみたいねたですが、今回はこれにて。

05.05.28
| 20:45 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユキヒロさんをゆっきーとはなかなか呼べませんが、
脳内ではゆっきーと呼ぶことがあります。
呼びたくないのに、呼んでしまうのはそれだけその呼び名が定着しているのですね。
ちょっと洗脳され気味です。
本当はユキヒロが呼びやすいのですが、なかなか恐れ多くて…
もしゆっきーと呼ぶなら文字では平仮名です。
こだわり。

追記(05.7.18)
昔の記事を読み返したら、前は普通にゆっきーと呼んでました。

芸能界に目覚め始めた小学生としては、GLAYとラルクのメンバーの名前を言えるのは、
凄いことだったので、ユキヒロという名前はずっと知っていたのですが、
どんな人か意識して見始めたのは本当に最近で、
ミュージックステーションに自由への招待で出たときです。
その時「kenちゃんのドラムにはミラクルがありますね」と言っていて、
「へぇ、ユキヒロってこんな人なんだ」と思った記憶があります。
今となっては失礼な話ですが、無口で目立たない普通の人だと思っていたので、意外でした。

曲は数少ないですが、みんなを否応なしに湧かせる力があります。
絶対にライブで聞きたい曲ばかりで。
Larvaやリミックスは理解できませんが、a swell in the sunは好き。
リミックスアルバムの長いバージョンが聞きたい。

ギターは目立つから耳に入るし、低音が好きなのでベースも聞いていたのですが、
ドラムは真剣に聞いたことがありませんでした。
でもラルクを好きになってから、色々な人の感想を見て、真剣に聞くようになりました。
ドラムのよさに気付かせてくれたファンの皆様やユキヒロさんに感謝です。

ユキヒロと言えばロングヘアーというぐらい私の中ではユキヒロさんに関する記憶が始まったのが最近なので、
髪の毛短いユキヒロさんは初見ですがとても好きです。
昔の髪形は男性用で、今の髪形は女性用といえるほど昔の写真で見られる髪形とはまた違っていて。
あれはショートヘアーというんでしょうね…かわいいかも…

ユキヒロさんでメンバーに対するお話は終わりですが、
結局私はけんちゃんが好きなんだなと思いました。
ラルク100Qのは、h:k:t;y=3:4:1:2じゃなくて、
7:1:1:1と答えても平気かもね。

05.05.30
| 20:44 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
Killing Me
天嘉で初めて生でラルクを見た曲。
なのに記憶が全然なくて、もったいない。

fate
初めて音楽を聞いて泣いた。
別に歌詞に共感した訳じゃないのですが、
泣いてもいいかなって気が緩んだ。


初めて聞いた曲。
PVにめちゃめちゃ引いた。
これがなかったら、もっとはやく好きになってたかも。

瞳の住人
中古含め初めて買ったCD。
kenレディがめちゃ好き。
そして、カラオケも。
瞳の住人は地味に好きだ。

New World
初めて中古以外で買ったCD。
パンクが聞きたくて堪らなくなって買ってしまった。

こんなもん。
あまりエピソードも面白くなくて申し訳ないです。

05.08.14
| 20:43 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
けんちゃんのことを愛してるかというと、そうでもないんですけど。
愛どころじゃないと思う。
妄執です。
まぁ、軽く言えば好きってことになるかと思います。
愛ではないと思いたい。

何故好きなのか?
この質問に答えるお題だと思うので、何故好きなのかを考えた。
そうすると「曲が好き・かっこいい・かわいい・こわい」となりました。

「こわい」ということについてだけ。
この人いつか死にそうだなと思って。

好きなところはこんな感じなんですけど、
なんでここまで惹かれるんだろうか?
だって、好きな音楽もかっこい人も可愛い人も一杯いるでしょう?
だから、私がけんちゃんにこんなにも惹かれるのは、
「こわい」というのが結構大きいと思います。

でも、「こわい」だけじゃなくて、かっこいいもかわいいも全部が同居してて、
もう好きにならないほうがおかしいよ!

曲やギターもメロディというより、雰囲気が好きなんだ。
その雰囲気っていうのも「こわい」に繋がるんですけど。

「こわい」ってなんかもう少し上手く説明できないかなー。
死にそうっていうか、生き加減が変っていうか、
頭が面白いっていうか、諸刃っていうか、
けだかいっていうか、美しいっていうか、
きらめきっていうか、はかないっていうか。
上手くいえん。

ふつうに、どこどこがかわいい!っていう話にすればよかったかな?

けど、もうこわさがなくなっても好きなままだと思うんだ。
それは、前よりラルク自体が好きになったってことなのかな?
もうっわかんねぇ!
何でこんなに好きっていうか、目が離せないんだ。
今、けんさんがいなくなったら、生きていくのに困りそうな、私。
困るから、好きな振りしてるのかもね。
暗示にかかりやすいんだな、これが。

締まらないまま終わり。
けんちゃんについて考えると、人生まで考えちゃいそうになるんだよね…

06.01.04
| 20:43 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
待ち受け画面といえば携帯電話ですが。
私の使っている携帯電話は、J-09というとても古いものです。
もうすぐ四年経ちます。
そんな携帯電話にあうサイズの待ち受け画面は、
S.O.A.P.のオフィにはありません。
ので、一時期ソープのピンクのお花を使っていましたが、
今では普通の青空を使っています。

あぁあ、そろそろ新しい携帯電話変えよって話だよな。

05.08.02
| 20:42 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
入ってる曲を全部挙げてみましょう。

そーぷは全部入ってます。
声も、けんちゃんのはほとんど。
ラルクは「fate」「LOVE FLIES」「LOST HEAVEN」の三曲のみ。

普段マナーモードなんで、全然着メロって使わないんですよね。
ソープを目覚し時計代わりに使ってるぐらいで、後は使い道ないの。

他に入ってる曲っていったら、ムック数曲ぐらいですから。
携帯を人に見せられたもんじゃねぇ。

05.08.14
| 20:41 | L':30のお題 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>