モノ

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
「Angel's tale」をバンドで演奏できるように、
自分たちで考えようっていう話をしています。
一応日本語バージョンも英語バージョンもアレンジバージョンも、
聞いたことがあったというか、持っているのでどれを聞いてもよかったんですけど、
とりあえずずっとアレンジバージョンを聞いたんです。
それは、私が遅い曲はそれだけであんま聞く気がしなくなるんで、
アレンジバージョンならゆっくりだけど、面白い感じで聞けるし、
「このベースを参考に耳でベースをコピーしろ」っていう友人の言葉もあって。

アレンジバージョンだと歌詞は英語な訳です。
どうせ日本語バージョン聞いていようが、歌詞なんて聞いてないんですけど。
だから、こんな目に今更会うんですけど。

日本語バージョンのROENTGENを聞きたくなって、引っ張り出してきて、
聞いて、「Angel's tale」まで行って。
最後までいって、最初に戻ってまた「Angel's tale」
引っ張り出してきてから何度も「Angel's tale」を聞いて。
それでも歌詞を無視してたんですけど、突然気になるんですよね。
んで、気になったらハイドさんの勝ちな訳で。

気にしないと「Angel's tale」の歌詞って、意味わからないと思うんです。
まったく歌詞を気にしないといっても、本当はそんなの無理で、
ちょっとは聞いてるんです。だけど、歌詞カード見ないだけです。
「雪のヴェール」って「雪野辺や」だと思ってた。
野辺とかその向こうだから川あたりに幻のような人がいるのかと思ってて。
「うちあけていたでしょう」の「でしょう」とか「手錠」だと思ってた。

いつものように「雪野辺」「手錠」と思いながら聞いてたんですけど、
「な」と「ぜ」が繋がってるのにやっと気付いて。
「なぜ」だって気付いた瞬間、いつも無視してた「この腕は羽根じゃない?」
っていうのが鮮やかに聞こえた。
今更。
今更「なぜこの腕は羽根じゃない?」って聞こえた。
気付いた瞬間と聞こえた瞬間と涙が出る瞬間同時にやってきた。

ちょう時間差攻撃をくらってしまった。
2002年発売だから四年越しにじわりじわりと。
そうそう、思い出話ですが、ROENTGENは発売されてすぐぐらいに聞いた覚えがあります。
何を思ったんだか。多分、「遅い」と思ったんだろう。

っていうか、前もここで泣かされた気がする…
とおもって、調べたんだけど見つかんなかったよー。
記憶違いかな?

ハイドさん話のついでといっちゃぁ重苦しく、冗談にもなんにもならないのですが。
ハイドさんが活動を急ぐ理由みたいなのをふと祖母を見てて思いついた。
ばぁちゃん、目が悪いんだって。
うん、まぁ、そんな理由。
ね、冗談にもクスリにもなんにもなりはしない話です。
悪い冗談ぐらいにはなりますでしょうか?
笑い飛ばしてやってください。

あ、題名と繋がってない!
こんな素敵な曲速い速度に作り変えちゃったりしちゃってしいのかなー?って話。
| 00:19 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
明日っていうか、今日。
acid androidを見に行ってきます。
あぁぁ、何にもしていない。
浄化されてない。
聴いてった方がいいのかなぁ。
でも、結局曲名は好きな歌しか覚えていません。
chillとかな。

いつだったかchill始まりだったみたいで。
それいいな!
そして、アンコールでもやってくれればいいさ。
chillだったら、何回聞いても嬉しいからさ。

私は明日で最後なので、楽しみたいと思います。
だって、次のandroidはいつになるか分からないんですから。
なんとなく天嘉…?で、もしかしたら最後になっちゃうかもしれないし。

ラルクのソロって、そういう事だと思う。
いつもこれで最後かもしれないと思ったほうが、いいのではないか?
きっと、次はてつ69みにいこうと思ってた人だっていると思うのです。

けんちゃんの試聴は、していません。
一回ボタン押したけど、再生する前に消した。
我慢の子。です。
誘惑が多いけど、頑張ります。
| 01:07 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
purification(初回生産限定盤)(DVD付)
purification(初回生産限定盤)(DVD付)

「purification」聞いてます。
意味は「浄化」だそうで。
アルバムの名前じゃなくて、曲名が「purification」の方。
「浄化」って考えると、ちょっと悲しくなってしまいます。
この曲、恋愛の歌なんじゃなかろうか?と思って、
思わず訳してしまいました。

好きな曲は、やっぱり穏やかな曲が好みです。
私、「unsaid」が大好きなんですよ。
「circle」は初聞きで、心奪われました。
というか、初めて聞いたときから、ほとんど好きです。
あれだよ、やっぱ「let's dance」はこの中でも浮いてるきがする。
踊るっていう所で、繋がってる?
「let's dance」はシングルでも買っているので。
その時は、あまりのおもしろっぷりに触れることも出来ず、
このおうたで大丈夫なんだろうか?と要らぬ心配をしてみたり。
アルバム全体聞いても、初めて聞いたときは、
ちょっと、やっぱりこの歌は無いんじゃ…と思ったんだ。
でも、何回か聞いてすごくライブが楽しみになった。
初めのインパクトは強いけど、音楽としては凄く好み。
このさい、おうたはいいです。(ひどくて、ごめんなさい)
キネマ倶楽部の感想を読むことは、したくないからしないけど、
きっと面白いんだろうなぁと心弾ませております。
けど、いくら楽しいだろうなぁと想像しても、
追加公演の日にちと場所には心弾みません。
わたくし、品川行きますんよ。
なのに、翌日同じ場所ってどういうこと?
ぬぉー素直に喜べないぞ!
行っちゃうんでしょうかな?
先行が今月いっぱいみたいですが、
ちょっと一般まで頭を冷やしたい所存です。

あぁ、ライブの話が割り込んでしまいましたが、
アルバム全体の感想としては、
優しい印象があります。
私の中のacidのイメージは、圧倒的な力でねじ伏せるというもので。
だけど、今回のアルバムは攻めてる曲(「daze」とか)もありつつ、
それは、やっぱ踊れるような元気?な力で。
そして、「circle」と「a lull in the rain」「purification」
この三曲を聞いてると、優しい感じがやっぱりする。
それは、あんまりいい優しさじゃない気もしつつ。
いい優しさって何よ?
わかんないけど、人を堕落させるようなね。
退屈な人に優しい雰囲気。

けど、最後の曲がそういう思いを消してくれて。
10分かぁ…きっと退屈だろうなぁと思っていたのに、
全然退屈じゃなくて、気持ちよくなっちゃう。
ほとんどおなじようなのにね。
梅雨が来たら、もっと好きになっちゃうんじゃなかろうか?

うーん、あとは。
ゆきひろさんが使う、デジタル音?が好きなのですが、
このアルバムは楽器の音が多いいなぁと思いました。
そんぐらい。

DVDも見ました。
「faults」
のほーんと見てたら、衝撃的な終わり方でした。
歌詞、見たことないんですけど、あの内容に少しでも関係あるのなら、
ちょっと歌詞みてみたいです。
「let's dance」
ええええっ!ファーってそういう事?
いやー見たこと無かったんで、かなり衝撃でした。
カラスな悪魔の王子様だよ!
そんでもって、後ろのシルクハットが気になる。
acid、メンバーの顔と名前が一致しません。
あんつ・きし・とも・やすおなのは分かってるんですけど。
右があんつで、シルクハットがともで、左がきしで、どらむがやすおで合ってますか?
全然ダメ、自信なし。

むっくと共にヘビロデ中。
ライブまで一ヶ月なので、腹筋はじめました。
意味あんのかなぁ…
| 00:58 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
なんか、「I CAN FEEL」は、せっくすのうただと思っていたら、
「PERFECT MOMENT」と対だって知って、なんか違う気もしてきた。
ほんとのところはどうなんでしょ?
「JESUS〜」のピアノが、最初は好きだったのに、
ちょっと無いバージョンも聞きたかったな。
けど、このピアノが無くなったら、微妙だし。

acid買ったよ。
早くききたいなぁ…

ムックも買ったよ。
こちらは、土曜日に買ったので何度も聞きました。
神の星が初めから好きですが、
赤い空もいいなぁ…
サビのアコギがいい感じ!
| 21:52 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
「JESUS CHRIST」と「FAITH」と「SEASON'S CALL」「DOLLY」がすき。
ふっつうな選曲ですよ。

衝撃作っていう、宣伝文句?とじーざす〜という題名に、
ちょっと聞く前に、躊躇う部分があったんですけど、
聞いてみたら、案外衝撃でもなく。
だって、聞いてみたら「JESUS CHRIST」ったら、
救ってくれない神っていうより、
自分には救えない、けど愛してるっていうほうを主に感じたから。
だもんで、強い言葉は使ってるけど、
今までと大して変わらないんじゃないかなぁと思いました。

強い言葉って、個性が強いって事なのか?
違うと思うんですけど、
なんだか「ハイド―!」って感じの歌詞で、ちょっと。
強い言葉だけど、直接的ではないと思っていて。
強い言葉と直接的な言葉とメッセージ性のある言葉って同じかな?
私の中では、微妙に違います。
なんだろうね、『FAITH』の言葉は。
HYDEの言葉って感じ?
あーこれってあたりまえですね。
今までと同じことを伝えてるように感じてるのに、
一方でなんか違うように感じてる。

音楽自体の音は、あまり好きじゃなかったり。
それは、「666」から変わらないんですけど。
先に挙げた四曲は、微妙な色合いだから好き。
私の中では、悲しいに分類される曲です。
けど、悲しいだけじゃないじゃない。
いや、たぶん『FAITH』って全部悲しいのかなって気もするけど。
あと、ハイドさんの高音大好きだから。
ハイドさんが好きな音域ってあんま好きじゃない。
俗に言う「中高音」かしら?
そのあたりの高さの声がのばされる曲が多い気がした。
(SEASON'S CALLだと「ゆめにーえがくーせかいをー」の「ー」ね)
一瞬、言葉がなくなる気がして、耳に障る。(根本的ですまん)

何を信じても、人間は愚かだし。
信じても信じなくても愚かだし。
つか、日本は無宗教といわれるけど、
戦争と言う面では今のところ平和よね。
人間がいなくなったら、平和になるとは思わないけど。
屁理屈だけど、人間がいなくなったら、
平和という言葉を使う存在はいなくなるから。
人間ありきの平和。
だけど、この世に平和なんて訪れたことってあるのか?と思う。
けど、平和という人間が作った言葉があって、誰もみな祈ってる。
神じゃなくても、なんでもいいから。
自分で作った言葉なのに、実現できないまま、いつまでも。
平和がくるように祈ってるって所だけが、
人類共通だとしたら、悲しいね。
それさえも、人類共通じゃないのかもしれないと思わせるところが、
また、悲しいね。
私もそうだけど、自分のところだけ平和であれば良いと思ってる。
けど、世界が平和であればいいなとも思ってる。
世界は物語じゃないのに。

「MISSION」と「COUNTDOWN」があまり好きじゃないです。
悲しい曲が好きな私がいるので。
「COUNTDOWN」のギターで、パンクの青木が浮んでくるんだよ。
音色が似てるだけなんだけどもさ。
| 20:54 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
FAITH、買ったきりCD屋さんの袋から出してません。
もうね、ジャケット見るのもや。
なんか、オーラが出てる気がして。
そんなに主張しないで下さいまし。

未だ聞いてないけど、あんまり感想見ないようにしてるんです。
だけど、いい。って感想が多くて。
それが余計聞く気を無くさせている。

私はなんだか知らないけど、FAITHに何も感じない自分の未来が予想されます。
まぁ、ハイドさんに興味がないので、とも言い切れないけど、
つか、この言い切れないところがジレンマだ。
まぁ、興味がないので何も感じないのはしかたがないかも。
…とはいえ。
何も感じないことに自信を持ってるくせに、
そのことに少なからずショックを覚えています。
それは、ラルクが好きだから、切り離せないんです。
分けてすっきりきっぱり別けられればいいのに、
ラルクを好きだから、ソロも好きなほうがいいなと思い込んでしまっていて。
だって、そしたら楽しみが四倍だよ?
うーん、貧乏性。

もうね、ここまで思うんだったらCD買わなきゃ良かったよ。
と一瞬思ってしまったり。

そんで、タイトル。
誰か私のふんを切ってくれ。

きっと、だれかがぼろくそ言ってる感想読んだら、
聞いちゃうと思うんですけど。
ぼろくそでもべたぼめでも、感想は読まずにCD聞きたいなと思っていたりもする。

そんで、タイトル。
誰か私のふんを切ってくれ。

聞いたら、好きになっちゃうかもしんないのにね!
なんでこんなに思いや悩んでるのか自分でも不思議だ。
もう、買う前とか買った直後とかこの話、何回目だって感じですね。
きっと、好きになっちゃうよ!
しーずんずこーる実は、発売から大分経ち、好きだったりする。
しーずんずこーるだけでも聞いてしまおうか。

もう自棄と意地だ!
聞く気になるまで、今日と同じ話題も何回でもしてやる!

決意も新たに、今日急に暑くなったせいで、生ゴミがひどいことになってる、
この状況からお伝えしました。
| 01:01 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
FAITH買ってきました。
そしたら、ポスター貰ってしまいました。
なんだか、見たことのない白黒写真。
最近のハイドさんは、目元が可愛いと思うのですよ。
どこかで見たような見たことのないような、懐かしい顔だ…

ムックも買おうと思ったんだよ。
朝まで買おうと思ってたのに、教科書が3000円とか、ふざけろって。
ムックもポスタープレゼントって書いてあったから、
できれば早めに行って貰ってみたい。
けど、どうやら初回は紙ジャケっぽいので、ちょっとやだ。

そして、acidも予約してきました。
受け付けてくれたから良かったぁ。
入荷数が少なそうだから、2週間前で大丈夫かなと不安だったので。
そうか、入荷数が少なくても買う人が少なければね…
acid、どれくらい人気があるのかわかんな〜い。

んで、肝心のFAITHですが。
なんとなく聞いていません。
暇はあるのに、なんだかゆっくり出来ない気がして。
なんだかんだいったって、HYDE好きだもん。
じっくり、味わえる時間が欲しい。

んで、何をやってたかというと、AWAKEDVDを見てました。
一度もHYDEインタビューは読んでないけれど、
真剣味は痛いほど伝わってきているので、
AWAKEもまた違った風に見る心意気が出来て。
叙情詩やふぉーびどぅん、まいでぃあー、星空が違うように迫ってきて。
ちょっと困っちゃうくらい、ハイドさん思考に侵されてる気もしつつ。
だって、ハイドさんが喋り始める前と後で同じ物が、
こんなにも鮮やかに見えるんだ。
想像する余白はないのよ。けんさん的には困るのかもね。
ハイドさんの言葉は強すぎる。
それは、ハイドさんが強いからかもしれない。
強すぎて、私なんかはたじろいでる。
だから、ゆっくり味わう時間が欲しい。
歌詞を見なきゃいいだけの話なんだけどね。
私は、何度か歌詞はどうでもいいといっているのですが、
言うほどどうでも良いとは思ってないのかもね。

明日聞こうかな。
あさって聞こうかな。
一生聞くまいか。
ほとぼりが冷めるまで待とうかしら。

今は、今日借りてきたプラトゥリでがまん。
シングルコレクションだからか何気、知ってる曲いっぱい!
ツメタイヒカリ好きやったわぁ…

Single Collection
Single Collection
| 00:25 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
あれだよ、ラルクがテレビに出すぎだったんですね。
あー贅沢な一年だったなぁ…

そんなこんなで、久々にハイドさんを見た気分。
ジャパンカウントダウン。
ここのところハイドさんが居る実感が無かったんですけど、
動いて喋ってるのをみるのって、すごい安心感がありますね。
サングラスが無いから、目がバチバチしてるのが良く見えた。
あんな高速まばたき、最近見てなかったな。
でも、伝えようとしてることがことだけに、
サングラスしないのかなぁと思いました。

アルバム気付いたら、もうすぐなんですけど!
えっと、そわそわもわくわくもしていません。
何を楽しみにしたらいいのか分かりません。
歌詞かな?曲かな?
どちらもあまり気にならないのですよ。
こんなこと言うなら、買わなきゃ良いのにと自分で思ったり。
すっごく失礼ながら、買わなきゃいけない気分になって買ってみます。
周りの雰囲気(この場合、ラブログ)に弱いんだよな。
他に気になるものもないし、構わないんですけど。
SEASON'S〜もCOUNTDOWNも歌番組でしか聞いたことが無かったり。
ライブにもいってないので、初聞きばっか。
試聴したくなるほど気になってないのさ。
こんぐらいの距離感が、苦しくなくて良いや。
ラルクのときは、あっぷあっぷしてたもん。

acidのアルバム発売日、一ヶ月勘違いしてて(5月26日だと思ってた)、
予約してないけど、初回買えるかな。
むしろ、お金あるのかっていう。
ムックの初回が何かわからないので、動けない。
ムックのCDの売り方、汚いんだもん!
CDにDVDを全部につけちゃえよって思う。
つか、パソコンに入れると見れるやつにすれば良いのに!
| 01:05 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
ワッツイン買って来ましたよ。
本当はCDでーたも買おうとしたんですけど、500円て一体何時そんな値段に。
500円はないよ、だって、ワッツインと同じなのに!

パチパチハイドさんが、捨てがたかった。
かっちゃおうかなー。
まだ分からない。

まだ、ハイドさんもacidもアルバムでてないので、
インタビューは読んでません。

写真は、ハイドさん言うことなし。
だって、いつもと同じじゃない?
そんなことないかなぁ。
いつ見ても美しいけど、ナイスショットないし、
変な服も着ないし、意外性にかけるよね。
あ、ちょっと髪の毛ヤバスと思ったり思わなかったり。
見開きP52のね。

ハイドさんの目がさぁ〜好きなんだよ。
目っていうか、めんたまの目じり目がしらの、
血管のような肉のような赤い部分。

何が王子様って、ユキヒーローだよ。
どうみても魔界の王子様にしか見えないんですけど!
そして、好みにピタリ。
シャツの袖のはみ出し具合がたまらん。

チケット届きました。
品川、Aの二桁がきました。
どうなのこれ?
AがあるってことはBがあるんでしょうなぁ…
後ろでまったり見る予定だったので、とまどいつつ。
前に前に行けって事か?
行っちゃってもいいの?
間違いなく、失神いたすよ。
ゆきひろのせいじゃなくて、自分の体力のなさで。
うーむ、今から鍛えて前に行くか、
前にいけるのに、後ろでまったり見るか。
アルバム次第かなぁ。
レッツダンスみたいのばっかだったら、
ぎゅうぎゅうでみるより、
後ろで動きながら見た方が、楽しいと思うんですよね。

因みに横浜は、Aの500番ぐらいでした。
これもB、もしかしてCまであったりすんじゃなかろうか?
| 01:10 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
東京事変のライブチケ、撃沈。
ぬぉー!

昨日でポップジャムも終わり、私の知る限りハイドさんのテレビ出演は終わってしまったわけで。

ミュージックステーションはねぇ、はじまる前のミニステ後のCMで、
自分の中では相当小さいことになっていた、中島美嘉のとなりだったのにも関わらず、
カメラがグンと下がった所が見所でした。

音楽戦士が一番美人さんだったと思う。
それは照明が一番凄かったからかもね…!
それに、おいしいショット満載だった。
鼻の穴とか、目とか、鼻の穴とか、目とか、白髪とか!
右の耳元の異様に元気な毛は白髪だったと思うんですけど。
そんなこんなで、ビデオとってなかったのが、悔やまれる。

ポップジャムでこの歌アルバムの流れで聴いたら、好きかもなと思い始める。
なんか、一番上手だった気がする。
ガラ声はあんま好きじゃないので。
そして、一番可愛かったと思う。
けど、顔はおっさん。
髪の毛と仕草が、かわいい。
歌に力入れるとき、ギター弾く手にも力がはいっちゃうとことか、
言うまでもなく、あたまふりふりとかね!
この人の若さの秘密は、髪形だと思う。

余裕でハイドツアーのチケット取れると思ってたんですけど、
なんか今日のチケとり撃沈で自信喪失。
ハイドさんのライブは、ファンじゃなくても行きたい人いると思うのよね。
取れますように!
| 11:10 | L':ソロ | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>